便秘・下痢(お通じのこと)

腸もストレスを受けやすい臓器ですね。まるで脳に似ています。

小腸はあのうねりが、脳のしわに見えます。


ストレスを腸で受けると女性は便秘、男性は下痢になりやすく、中には下痢と便秘が交互にきたり、ガスが溜まって腹痛になる過敏性腸症候群(IBS)もストレスが原因です。



私はストレスの多い営業職時代、IBSで困った時期もあったので、お通じのお悩みを長く抱えていらっしゃる方の辛さも理解できます。


いつもトイレのことを考えるので、仕事にも遊びにも集中できません。

恥ずかしい思いをしないかなとか、旅行とかも相手に迷惑をかけないかなとか…



だけど今思えば、「その思考がトラブルの原因」でした。


○○として(役職・役割)どうふるまえばいいか

こんなことを言ってはいけないだろう、やってはいけないだろう

今トイレだなんて、格好が悪い、はしたない

もっとうまくやらなくては

もっと人より頑張らなくては

もっと人に求められるようにならなければ



「自分以外の人間になろうと無理なことを課していること」がお通じを乱れさせるのかもしれませんね。


人間も動物だから、食べたら出しますし生理的欲求は普通に備えています。


生活習慣や食べ物、腹筋の強さなども関係しますけど、「思考が原因」のことが多いですね。

「世の中や時間の流れに身を任せる」という意識が、お通じトラブルの解決のキーワードになります。



食道・胃の炎症

良く噛んで食べましょう。

それが食道と胃のトラブルを防ぐ第1歩で、どんな高価なお薬や名医よりも

「よく噛んで食べること」には勝てません。



でもどうして噛まずに丸のみしちゃうんでしょうか…?


ストレスと焦りの気持ち・早く解放されたい・イヤなことも食べ物と一緒に飲み込んで忘れてしまいたい…などという気持ちかもしれませんね。


暑い時期は冷たいビールや炭酸飲料と共に、爽快感を感じたいですし

寒い時期はあったかくておなかも満たされるもので身も心も温めたい



つい食べ過ぎる(飲みすぎる)ことが誰にでもあることでしょう。


そういう時って、湧いてくる感情を抑え込んでいる時みたいです。


怒ってはいけない・笑ってはいけない・泣いてはいけない・楽しんではいけない


感情は生ものですので、出てきた時に出さないと、抑えたぶんだけ体内に残っています。それを解放したいから、つい「より多く、より早く」飲食することで解放しようとするのでしょうね。



でも仕事中に喜怒哀楽など出せませんよね。

というよりも、小さい頃からすでに感情を抑える癖がついてしまっていて、

感じることすら忘れているかもしれないです。


お酒を飲むと性格が変化するのは、日ごろの抑え込みが出るからです。

甘いものに偏っているのは、甘えたい気持ちがあることを抑えているから。

刺激物ばかり摂っているのは、つまらなさを刺激で緩和しようとしているから。



暴飲暴食は自傷行為です。

日ごろの自分の気持ちに向き合って、本当の自分を発見すると、悪い癖も止まり食道や胃も喜ぶと思いますよ。


本当の体が欲する1食分の量は「両手ですくう分量」だそうです。

この中に海の幸山の幸、野菜果物で5色の素材ですね。



日本人に胃が悪い人が多いのは、塩分の摂りすぎからです。

(大腸がんの増加は脂分の摂りすぎです)

スナック菓子とファストフード・ラーメンには多くの塩分と脂分が含まれています。味覚が鋭くなる食べ物を選びませんか?




十二指腸・小腸・大腸

胃でこなされた栄養は、十二指腸で肝臓と胆のうから出る消化液と膵臓からでるホルモンに出逢います。

そしてさらに細かく吸収されやすい姿に変わり、小腸で水分と栄養を体内に吸収していきます。

不要なものは大腸に運ばれ、便になって有害物質と共に体外に排泄されます。


ほんと、消化機能はみごとな連携プレーなんですよね。



消化器は不思議なことに、ストレスが加わると自らを消化しようとします。

「胃に穴が開いた」という言葉を初めて聞いたときは、意味が解りませんでしたけど

潰瘍のことを学ぶと、なるほど胃や腸にも穴が開くんだなって思います。

まさに「断腸の思い」ですね。



十二指腸の疾患は、「食前の痛み・食べたら落ち着く」ということ。

胃の疾患は反対(食べたら痛い)ですので、お腹がおかしい時はどちらかなと観察してみてください。


ピロリ菌は胃潰瘍や胃がんの原因ですけど、十二指腸の疾患もピロリ菌が原因が多く、放置しても死滅はないので見つかった場合は必ず駆除してくださいね。



小腸の疾患は、とにかく苦しみトイレにこもりきりになります。

「急性腸炎」がそうで、感染症と非感染症があります。


細菌やウイルスに感染して、小腸がやられます。下痢嘔吐、発熱があり、脱水症状を起こすので予後も大切ですね。

非感染症は、疲れている時の暴飲暴食、食物アレルギーでの炎症です。



大腸がんは日本人女性に急に増えました。欧米食が原因みたいです。

体は小さいのに腸は日本人の方が長いんですよ、不思議ですね。

それだけ穀物や食物繊維が多いものを祖先は食べていたのですね。


腹筋が弱く便秘が女性に多いから、大腸がんやポリープ患者が増えたようです。


お通じの問題があるならば、解消しておきましょうね。



腸の問題に関する意識は「捨てられない」

古い意識や概念が捨てられず、それに凝り固まっているということでしょうか。

手放して身軽になることが怖いのかもしれません。

だから溜め込んじゃう…


手放さないと入ってこないのは、運もお金もうんちもおなじかもしれないですね。